Short Talk - Various Meats

No way!

 

negineesan.hatenablog.com

 

Today, I thought I am going to write a article about how international my labratory is, but I cheaked this above article just now and I want to share this with you before that.

Actually, I have ever eaten a meat of a boar at a restrant near to Tsukuba. The restrant serves it during fall. It was unique and tasty. If you are interested in it, please ask me. Let's go!

Short Talk - Venice

You know Venice looks so nice.

 

Venice Vacation Travel Guide | Expedia - YouTube

 

I heard the movie of pokemon, mizuno miyako, was on TV and regretted it later. This movie is one of my favorite animes. The last kiss scean made me so excited. I want to watch again.

You guess, The scean is Venice.

And then, I was looking for something about Venice and watching Venice on youtube and google streetview while I want to go there someday...just a moment,  when is someday?

Recently, I need to go school, look for my job and play shakuhachi. I have no time. I guess, I won't have a plenty of time since now.

I don't want to lose my small hope due to working on my way.

Small talk - Becoming Teacher

 A few months ago, I occasionally wanted to be a high school teacher. 

 

アニメ「セイレン」と僕 - そのへんのめも

アニメ「セイレン」の期待と実際 - そのへんのめも

 

 As watching Seiren, I thought that my entire life was already ended at a last day of my high school life. High school students have endless possibilities. We don't have any possibility and can only do what we have been doing.  I felt so from Seiren.

 At the same time, I felt like getting a role model of my future. This is why I wanted to be a high school teacher. If I become a teacher, I could always look to students' possibilities and  help them.

 However, I don't have qualification for teaching, so it was difficult to decide becoming a teacher if not impossible. 

 

 I considered very deeply and then decided not to be a teacher.

 That is because I should do what I have. We have life stages of each age. For high school students there is what they should do. Of course, for us. It is too late for me to be a teacher. It is a little wrong that what I should do relies on their possibilities from now. We have to face our own future, even if it is already ended. See reality.

 

 Maybe, It is a common sense... 

 

 

 

 

 

 

 

 By the way, when is the later Seiren on air?

f:id:sonohennniiru:20170420000231j:plain

 

アニメ「セイレン」の期待と実際

今期一の期待アニメ、セイレンの前半戦が終了しました。僕がこのアニメにいかに期待していたかは下の記事を読んでください。 

 

アニメ「セイレン」と僕 - そのへんのめも

 

上の通り、僕は「これぞ学園恋愛アニメ!ブラボー!これが観たかったんだ!」という、ありがちな設定でありがちなストーリー展開でありながらも予想を上回る描写によって観客の期待に応えるアニメが観たかったわけです。それを踏まえて、以下で具体的に見ていきましょう。もちろんネタバレです。

 

 

トーリー毎の感想

常木耀ルート

まずは最大の戦犯である常木耀ルート(1話~4話)から。

我々の期待していたもの

常木耀(つねき ひかり)|TBSテレビ:「セイレン」 公式ホームページ

 常木耀は「学園のアイドル、強気で見栄っ張り」という設定ですね。あるあるな感じですよ。こういう設定で来たら、

常木耀は学園のアイドル!主人公とはあまり関わりない→あることをきっかけに(秘密の共有etc)常木耀が主人公に何かとちょっかい出してくる→強気で見栄っ張りな性格が災いして常木耀にトラブル発生、主人公が解決→キスしてハッピーエンド 

を期待するじゃないですか!え、しない?するでしょ!もちろんこの話の流れは全て学園内で行われるべきです。なぜなら常木耀は学園のアイドルなんですから。何かとちょっかいを出されて周りに羨ましがられる主人公、といった描写によって常木耀という人柄を良く描きだすことができるはずです。設定は存分に活かされなければいけません。これ、重要ですよ。 

 

実際に描かれたもの

f:id:sonohennniiru:20170330012259j:plain

こいつらなんで合宿行ってんの?!(1話後半~3話)

学園のアイドルとはなんだったのか。。我々はセイレンに学園生活を期待しています。断じて高校生が私服で勉強合宿に行くのを見たいわけじゃないんです。あと、実際見ながら思ったのですが、やはり学校校舎や制服というのは一種の空間効果を視聴者に作用させるのではないでしょうか。もう決して手に入らない視聴者の望郷の念が場面をより良く彩るのです。そういう意味でも合宿にあそこまで尺を使ったのは失敗だったでしょう。これは強く主張します。

 

f:id:sonohennniiru:20170330012433j:plain

俺たちの戦いはまだまだこれからだエンドじゃないですかー!

俺は誰もが羨むハッピーエンドを期待していたんです。まあ物語としては一つの結論としてアリといえばアリな気はします。アリな気はするんだけどなあ...賛否両論でしょうね。

 

そんなわけで完全に期待を裏切ってくれました。う〜ん、出会いの物語としてはアリなのか?いや、無しっすね。

 

f:id:sonohennniiru:20170330013009j:plain

ここらへんの場面描写は良かったです。脚本はともかく、セイレンの描写に可能性を強く感じました。

 

 

宮前透ルート

なんか違うな違うなと思いながらいつのまにか過ぎていった宮前ルート(5話~8話)。 

我々の期待していたもの

宮前透(みやまえとおる)|TBSテレビ:「セイレン」 公式ホームページ

ゲーム好きで趣味が合わないとなかなか話せない美人でクールな先輩。こうきたら、

主人公はちょっと怖いけど美人な先輩が気になる...あまり相手にされない(?)→ある日主人公がよく知ってるゲームをしているのを見かける→話しかけるとゲームについては意外に話せる、口下手なだけと判明、徐々に仲良く→ゲーム以外には口下手なことが災いしてトラブル発生→ゲーム外でも主人公が必要なことに気がつきフォーリンラブ→キスしてハッピーエンド

こうでしょ!

 

実際に描かれたもの

f:id:sonohennniiru:20170330014400j:plain

姫プレイやめーや!

なんで口下手なのに自分から話しかけて、男三人と一緒にカラオケボックス行くんすかね。ゲームのことなら大丈夫とはいえちょっと姫すぎないですかね。クールな感じの設定どこいったの。

 

f:id:sonohennniiru:20170330014833j:plain

ゲームのしすぎでトラブル発生か〜...

まあいいけど。

 

f:id:sonohennniiru:20170330015050j:plain

最終話でよくわからない立ち位置のコミケか〜...

まあいいけど。。。

 

常木ルートは期待を裏切りまくっていた感じですが、「あ、そっちか...」のように予想を脱線しまくっていたのが宮前ルートでしたね。別に凄い悪いとかじゃないですけど、良いとは言えませんね。本当に最後のコミケは何をしたかったんだろうか。

 

f:id:sonohennniiru:20170330015449j:plain

ここらへんの場面描写は良かったです。ただ心情を表現するのに色をもっとうまく使えた気もしますが。

 

 

桃乃今日子ルート

ここまで散々こき下ろしてきましたが、今日子ルート(9話~12話)は神でした。 

我々の期待していたもの

桃乃今日子(とうのきょうこ)|TBSテレビ:「セイレン」 公式ホームページ

幼馴染モノの王道といえば、

主人公と仲の良い幼なじみ→徐々に意識し始める→トラブル発生で少し仲違い→それぞれにとっての幼なじみ、主人公とはなんなのかを考える→トラブルは解決してお互いの気持ちをはっきりと知る→キスしてハッピーエンド

これだわ(確信)。 まして今回は幼く見えるという設定付きなので、そこらへんを上手いこと組み合わせて話を展開していけば、かなり良いスパイスになるのではないでしょうか。脚本もここまでお膳立てしてこのストーリー展開を大きく裏切ることはまあないだろうなと踏んでいたので、常木ルートの様子を見ながらこの話の作り方だと今日子ルートには大きく期待できるだろうと思っていました。

 

実際に描かれたもの

f:id:sonohennniiru:20170330020648j:plain

鏡の前で主人公に高校生らしく見られるよう工夫する今日子

駆け出しはとても良かったです。漫画を共有したり、一緒にパンケーキを食べに行ったりする仲の良さの描写。これぞ幼なじみですね。そして、主人公は主人公で隣のお姉さんと言われてむっとしてたくさんパンケーキを食べたり、今日子は今日子で高校生に見えないことを気にして家の鏡の前で髪を上げたりしてみる仕草。お互いにそれぞれ一歩成長しようとしている姿です。これをきっかけに今日子は家庭部に入ります。

その後はまだまだ仲の良い描写が続きます。ここまでは予想通り、というかそれより良いかも!

 

f:id:sonohennniiru:20170330021144j:plain

クリスマスにパンケーキを誘うも断られる正一

主人公は自分の気持ちに気づき前に進もうとしますが、今日子はあまり整理がついていません。ここでちょっと気持ちにズレができます。今日子はむりやり主人公を隣のお姉さんに当てはめてみたりしますが、無理な話ですね。

 

f:id:sonohennniiru:20170330021726j:plain

はっきりした正一に心を決める今日子

はっきりと好きと伝えてくる主人公に今日子も心を決めます。今日子は昔をいろいろと振り返りながら懐かしみ、そして今へと意味付けする。これは幼なじみを幼なじみたらしめる最強の技です。最高のシーンでした。

 

f:id:sonohennniiru:20170330022022j:plain

キスをしてハッピーエンド

 

いや〜今日子ルートはマジで期待通りだったどころか、それを上回る出来でした。なぜこれを常木ルートで出来なかったんでしょうかね。文句のつけようがないです。宮前ルートまで散々言ってきましたが今日子ルートはとても良かったです。

 

f:id:sonohennniiru:20170330022710j:plain

EDも良かったですね。最高でした。

 

 

 

 

全体を通して

常木ルート、宮前ルートについては全く期待はずれでした。一方で今日子ルートは期待以上でとても良かったです。ここまで違うとセイレンというアニメ全体としては評価はつけにくいです。とりあえず後半の三人に期待しています。早く放送してください。

僕はセイレンノスタルジアな感覚を通して見ている、と前の記事で述べました。僕は放送を見ているときはそんなにそれを感じていなかったのですが、先ほど常木ルートの合宿について書いているうちに自覚しました。もう無意識だったんでしょう。

もしかしたらセイレンを見ているときの自分は高校生に戻っているのかもしれません。いろいろ考えてみたいですね。

 

Why do we feel nostalgia? - Clay Routledge - YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

三条るいせちゃん、頼むで。。

f:id:sonohennniiru:20170330025937j:plain

大晦日と来年

どうも、正月のおせちに入れる用の塩数の子を塩抜きしないまま、ちびちびかじってつまみ食いしている僕です。

 

今年のこと

sonohennniiru.hatenadiary.jp

 

前の年末はこんな記事を書いていました。温泉についてアツく語ってますね。結局群馬の温泉開拓できてないですね。「来年は上手いこと進路を決定するのが目標です」って書いてありますが、とりあえずの紆余曲折があって大学院に進学することになりました。上手いことではないですけど、なんかそうなってしまいました。ただ決定するには決定できたんでとりあえず成功でしょうか。

んで今年は進路決定に奔走したのと、いろいろと自分の可能性に種を蒔いた一年だったかと思います。まあいろいろとやってました。去年は目の前のことに精一杯だったので、今年は好き勝手できるようになった余裕がありました。そんな感じ。

 

来年は

上の通り、蒔いた可能性を開花させる年にしたいと思います。何の可能性かって?まあ適当なところでブログに書きたいと思います。そんで、そのためには目標達成に向けて必要なことをきっちりやる、これが重要でしょうね。

 

 

 

 

 

 

過去のブログ見たら毎年12/31にブログ書いてるんですね。とりあえず新年はセイレンに期待ですね。

f:id:sonohennniiru:20161231010240p:plain

昨今の漫画事情(続)

このエロ漫画家がアツい!これからブレイクする旬なエロ漫画家の一部を一挙公開!続

どうも、最近顎の下にニキビがめっちゃできるなんじゃらです。下の続きです。暇なんで書きます。

昨今の漫画事情 - そのへんのめも

 

ピジャ

最近有名かなあ。表情がいいです。「あ、あああああ!!!」みたいな。見ればわかる。とにかくエロイ。キテます。

 

桃月すず

純愛モノばっか描いてますね。特段エロイわけじゃないんです。ストーリーだけ見て壁殴りしてます。

 

むちゃ

最近は千鶴ちゃん開発日記とか。有名ですかね。表情やシチュや心理描写などトータルでのエロの描き方が上手です。エロイ。

 

夢乃狸

あまりデフォルメしないタイプの絵柄なのにドエロ。いや〜。こういうのって「絵が上手すぎると抜けない」みたいなよく聞く話と関係あったりするんですかね?

 

にゅう工房

ぶっ飛び系のエロ。ギャク以上にエロいんだけど爆笑する人はするんじゃないか。一見の価値あり。

 

40010

あまり有名じゃないです。僕としてはわりとお気に入りです。JKから感じるエロさと同じエロさを僕は感じます。

 

Number2

これもあまりデフォルメせずシンプルに描くタイプですが、綺麗ですっきりしたエロで好きです。

 

xxzero

ガチ獣姦モノをよく描いてて、僕は結構好きです。でもネットで検索すると相当な賛否両論があってびっくり。江戸時代の春画以来獣姦はあったし、少し前のAVだと一ジャンル築いてたはずなんですが。規範意識の高まりという意味で時代の流れですかね。

 

朝凪

結構デフォルメ入ってて、絵柄も少し特徴的です。でもドエロ。twitterでも有名ですね。表情が良い。

 

綿貫ろん

純愛モノが多いですね。エロ漫画の純愛モノって一つの枠に収めなきゃいけないからかストーリーが凝縮されてて、そしてそのどれもテンプレというか「あ〜〜〜良い!」な話なんですよね。感性があいます。絵も綺麗だし。

 

小島紗

twitterでも有名ですかね。絵が綺麗だし表現は上手くて表面的なエロさはあるはずなんですけど、本質的なリビドーが感じられないんですよね。芸術の域にまで達した鬼月あるちゅとは違った方向で上手なのにエロさを感じない漫画家だと思っています。

 

 

 

 

 

もっと書きたいですがそんな感じです。注意して欲しいんですけどエロ漫画ってエロ目的で読んでるわけじゃなくて、どちらかというとオムニバス形式でいろいろなストーリーが読めるのが良いんですよね。一般漫画でもいいから続き書いてくれ!ってのはいっぱいあります。

快楽天を定期購読したい。

 

「サクラクエスト」pv。ウッ頭が...

f:id:sonohennniiru:20161215015432p:plain

アニメ「セイレン」と僕

アニメ「セイレン」が一月から放送されます。楽しみですね!

www.tbs.co.jp

この放送前情報から期待は桧山水羽ちゃんと次点で三条るいせちゃんですね。アツイ!

 

ご存知の通り、セイレンはアマガミと同じコンセプトで作られ、ある意味続編と言っても良いかもしれません。実はアマガミのアニメは全部ちゃんと観たわけじゃないので、最近ちょっと見直しています。

 

ところで話は変わりますが、僕が高校三年生のときの文化祭の閉会式の最後、何故だったか理由は思い出せませんが、軽音部が一曲だけ全校生徒の前でライブをしていた記憶があります。そのとき、どこかちょっぴり満足した気持ちになったのをよく覚えています。

昔から僕はコテコテなストーリーが好きなんですよね。恋愛だったら、やっぱり街角でパンをくわえた見知らぬ美少女とぶつかって、後でその女の子が自分のクラスの転校生だとわかって、空いてる席がたまたま自分の隣にあって・・・みたいな。

その軽音部の話も、やっぱり文化祭といえば全校生徒の前でライブ!みたいなのがあるじゃないですか。コテコテもいいところですね。そして、そのコテコテなストーリーがまた、現実にも起こることを期待しているんですよね。だからちょっぴり満足したんでしょう。

 

アマガミはあまりにありえないものは排除されできるだけ等身大でありながらも、お決まりのストーリー運びになります。結局は上述のように、僕が大好きで現実起こって欲しいと願う、テンプレートそのままなんですよね。さらに、等身大であろうという描き方によって、それがいかにも手に入りそうかもしれないと僕にまた期待をさせる。舞台のモデルの多くが僕の地元の近くの銚子ということもあるかもしれません。

 

そうして、アマガミは僕の高校生活の理想形であり、今でもその幻影を追い続けているのです。セイレンにも同じようなことが言えて、そういう意味で期待もしているんです。

 

 

ノスタルジア - Wikipedia

もう一度高校生活をやり直せるような。そんな気もしているのかもしれません。放課後、みんなでだらだら過ごすだけの図書室から見た夕焼けは赤かった。そこでこの先僕らはどうなるのか、なんて考えてた自分はただそれに酔っていただけでしょうが。

 

 

 

三条るいせちゃん。最初見た時は「えー」って感じだったけど、見てるとだんだんツボってきた。好きなことが自宅で身体測定ってどういうことだ。

あとセイレンでは本格的に舞台を銚子に設定して欲しいです。せめて背景をロケ地に沿って綺麗に描くとか。昨今クソアニメであるところのきんモザですらちゃんと背景描いてるんだから頼むで。

f:id:sonohennniiru:20161205225911p:plain