読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アニメ「セイレン」と僕

アニメ「セイレン」が一月から放送されます。楽しみですね!

www.tbs.co.jp

この放送前情報から期待は桧山水羽ちゃんと次点で三条るいせちゃんですね。アツイ!

 

ご存知の通り、セイレンはアマガミと同じコンセプトで作られ、ある意味続編と言っても良いかもしれません。実はアマガミのアニメは全部ちゃんと観たわけじゃないので、最近ちょっと見直しています。

 

ところで話は変わりますが、僕が高校三年生のときの文化祭の閉会式の最後、何故だったか理由は思い出せませんが、軽音部が一曲だけ全校生徒の前でライブをしていた記憶があります。そのとき、どこかちょっぴり満足した気持ちになったのをよく覚えています。

昔から僕はコテコテなストーリーが好きなんですよね。恋愛だったら、やっぱり街角でパンをくわえた見知らぬ美少女とぶつかって、後でその女の子が自分のクラスの転校生だとわかって、空いてる席がたまたま自分の隣にあって・・・みたいな。

その軽音部の話も、やっぱり文化祭といえば全校生徒の前でライブ!みたいなのがあるじゃないですか。コテコテもいいところですね。そして、そのコテコテなストーリーがまた、現実にも起こることを期待しているんですよね。だからちょっぴり満足したんでしょう。

 

アマガミはあまりにありえないものは排除されできるだけ等身大でありながらも、お決まりのストーリー運びになります。結局は上述のように、僕が大好きで現実起こって欲しいと願う、テンプレートそのままなんですよね。さらに、等身大であろうという描き方によって、それがいかにも手に入りそうかもしれないと僕にまた期待をさせる。舞台のモデルの多くが僕の地元の近くの銚子ということもあるかもしれません。

 

そうして、アマガミは僕の高校生活の理想形であり、今でもその幻影を追い続けているのです。セイレンにも同じようなことが言えて、そういう意味で期待もしているんです。

 

 

ノスタルジア - Wikipedia

もう一度高校生活をやり直せるような。そんな気もしているのかもしれません。放課後、みんなでだらだら過ごすだけの図書室から見た夕焼けは赤かった。そこでこの先僕らはどうなるのか、なんて考えてた自分はただそれに酔っていただけでしょうが。

 

 

 

三条るいせちゃん。最初見た時は「えー」って感じだったけど、見てるとだんだんツボってきた。好きなことが自宅で身体測定ってどういうことだ。

あとセイレンでは本格的に舞台を銚子に設定して欲しいです。せめて背景をロケ地に沿って綺麗に描くとか。昨今クソアニメであるところのきんモザですらちゃんと背景描いてるんだから頼むで。

f:id:sonohennniiru:20161205225911p:plain