尺八のステップアップに向けて

尺八四重奏曲第一番 山本邦山作曲 - YouTube

 

尺八ってTHE和って感じがしてかっこいいですよね。今回は自分向けのメモと同時に、尺八吹き向けの記事です。

ステップアップにはなにが必要?

僕が尺八をやり始めてそこそこ経ちましたが、未だに音が上手く出ない。長い演奏になったりするとそりゃもう酷いものです。もちろんメンタルとかも影響すると思いますが、やっぱり吹き方が間違っているんじゃないかと。ステップアップには意識的に吹き方を改善していく必要があると感じました。

尺八の吹き方

先生によると、尺八の吹き方で気をつけるべきは以下の点です。

  • えくぼができるぐらい、口を「い」の形にする。
  • 横に大きく開くだけではなく、その上で縦方向にもできるだけ開く。
  • 力を入れず、アゴには添えるだけ。出来るだけ唄口から離す。
  • 口を唄口に近づけて音を捕まえてから離す「塩梅法」を使う。

 この中でも一番厄介なのは一番下で、管楽器が基本的に口を動かさないのに対して、尺八は唄口を自在に動かすわけですよ。とすると疲れたり音が出なくなったりしてくると、自分勝手な音の出し方になり、上の三つが満たされなくなって・・・的な感じです。ま、塩梅法しなくてもなりますけどね。

管楽器系統をやっていた自分としては、塩梅法無しでも音は出るし口の形はそのままでいいから楽でいいんじゃね?(琴古の人は塩梅法してませんね)って感じはするんですけどね。でも塩梅法がないと音の表現の幅が狭い気がします。詳しくは知らん。

どう意識していくか

自分で分かる自分の一番の問題点はやはり「強く押し付けすぎる」でしょうか。最初に習いますが、構えた状態で唄口の辺りを横にちょっと叩いただけでズレるぐらい軽くでいいようです。

いずれにしても上の吹き方を踏まえ、どう意識的に改善していくか重要ですね。意識的に、ですよ。

 

 

最後に  

f:id:sonohennniiru:20150125045702j:plain

今期もshirobako推しです。